スタッフブログ

お盆明け

お盆休み明けですね。当社は今日から通常業務再開です。まだ朝の時間帯ということもあって、電話やお盆期間に届いた書類・メール・FAXの整理でちょっと慌ただしい感じです。

さて、そんなお盆でしたが、皆さんどうお過ごしでしたでしょうか。帰省にレジャー、海や山に行った方もいらっしゃるでしょう。はたまた、どこにも行かず家でゆっくり・・・なんていう過ごし方も良いですね。西日本方面に行かれた方は15日に台風が直撃、甚大な被害こそ出なかったものの予定が狂った・潰れたなんていう方も多かったことと思います。ちなみに私は広島に帰省しておりましたが、15日は高校時代からの友人との飲み会が見事に消えました。全国各地に散らばっていることもあって、次会えるのはいつになるだろう・・・。残念です。

そんなお盆明けの楽しみ(!?)といえばお土産です。私も今日はもみじ饅頭を片手に出社してきましたが、今、私の目の前には自分の物も含めていろいろな場所のお土産が置いてあります。一番近くに置いてあるのは栃木県日光のお土産。一通り色々と片付いたら頂くことにしましょう。

休み明け、みんなのお土産や土産話で乗り切っていきましょう!

そういえば灯篭は・・・?

お盆が近づいてきましたね。そろそろ夏休み、今日金曜日がお盆休み前最後の出勤日という方も多いのではないでしょうか。

そんなお盆ですが、実家に帰省してお墓参りに行くという方も多いですよね。私も1カ月前に新幹線のチケットを取ったときは満席の列車も多くて驚きました。毎年ニュースで見るとおり、高速道路では長い渋滞、新幹線の自由席では乗車率100%超えと大変な混雑に見舞われることでしょう。去年、私はこの時期に何を血迷ったか高速バスでの帰省にチャレンジし、見事に渋滞にはまりました。1速で首都高を抜ける夜行バス、最初の休憩地の海老名サービスエリアにつく頃には深夜4時前でした。悲惨な帰省になってしまいましたが、やっぱり久々に会う親戚や家族の顔を見るとそんな疲れも吹っ飛びますね!

ここで1つ、私の地元、広島のお盆の文化をご紹介しましょう。広島では、お盆の時期にお墓にカラフルな(初盆の場合は白)の灯篭を立てるという文化があります。広島では今の時期、コンビニの店頭にもお墓に立てる“盆灯篭”が置いてあり、実家に住んでいたころは盆灯篭が店に並ぶ姿を見てお盆を実感していました。ちなみに私の親戚が住む長崎では、お盆の時期にお墓で花火をするそうです。どちらもほかの地域では聞かない、ちょっと独特な文化のようです。

私は12日、月曜日に帰省する予定です。そろそろ準備を始めないと・・・!

今年は珍しく・・・

今年は珍しく、夏バテ気味です。去年の酷暑をギリギリのところで耐え忍ぶことができたので、完全に油断しておりました。一昨日・昨日と胃腸が荒れ気味です…orz。

というわけで、普段の調子のいい夏なら暑さに負けまいとガッツリ食べる私ですが、昨日は珍しく素麺を買ってきました。多めのお湯で短めに茹で、冷水でサッと冷やす、これでさぞ美味しい素麺が、と思ったのですが、安物だからかイマイチな感じになってしまいました。でも相変わらずめんつゆは美味しいですね。めんつゆは裏切らない。

そんなこんなで散々な今日この頃ですが、つい先日、まだ夏バテになる前に珍しく(数年ぶりに)野球を観戦してきました。招待券が1枚余ったからと友人に誘われ、3塁側内野席で巨人対広島の試合を見に東京ドームへ!東京ドーム、なんだかスタジアムというよりコンサートホールのような感じです。試合のほうは、広島の代打・磯村と2塁走者・曽根の見事なバスターエンドランで広島が勝ちました。

プラス・マイナス両面の珍しいことがあった8月頭でしたが、1週間後のお盆休みをモチベーションに今週も頑張っていきましょう!

鰻の季節・・・?

先日は土用の丑の日でしたね。鰻を食べられた方もいらっしゃるでしょうか。私はここ数年1度も食べていない気がします。

そんな鰻ですが、実は天然の鰻の旬は今の時期ではありません。天然の鰻の旬は10月~12月ごろなんだそうです。土用の丑の日に鰻を食べる由来は諸説ありますが、平賀源内が「夏に売れない鰻」を売るために仕掛けたキャンペーンだという説が示す通り、そもそも夏に食べるものではなかったようです。旬でもない時期に人気が出る食べ物とは、ちょっと珍しい気がします。

そんな鰻ですが、近年は数が減って高騰・・・なんて言いながらも気軽に牛丼屋のメニューに並んでいたりと、ちょっと不思議な感じですね。相変わらず完全な養殖技術は確立されておらず、絶滅の危機というのは変わらないようです。かつてアメリカではリョコウバトの肉が大変な人気だったそうです。乱獲が進み、生物学者が「このままでは絶滅します!」と宣言した途端、「今がラストチャンス」と駆け込み需要が発生して瞬く間に絶滅したそうです。リョコウバトの二の舞にならないためにも慎重な対応が必要ですね。

30年後にも「今年の鰻は美味しいね!」なんて言いながら日々を暮らしたいものです。

お米の話

今日、7月23日はお米にまつわる“ある日”なのですが、皆さんはご存じでしょうか。

正解は、「米騒動の日」。いまから101年前の1918年7月22日~23日にかけて富山県の魚津で米騒動が起きたことに由来します。第1次大戦後の好景気、米の消費量の増加、農家の人材流出など色々な要因が連鎖し、1918年の1~7月で米の値段が倍になり、7月末のこの時期に民衆が蜂起したというのが事の発端のようです。ちなみに、この米騒動がきっかけで当時の山縣内閣は総辞職、日本初の本格的な政党内閣である原内閣が誕生したことから、日本の政治史を語る上でも何かと外せない騒動だったりもします。

そんな“お米”ですが、今年はどうなるでしょうね。7月は俗に“平成の米騒動”とも言われ、タイからお米を大量に緊急輸入した1993年以来の日照不足だそうで。気象庁の1カ月予報を見る限り、ちょっと冷夏気味とのことで、少し心配ではありますね。去年の猛暑と比べると、涼しいのは喜ばしいことかもしれませんが、美味しい農作物が食べられなくなるのは困ったもので。彼方を立てれば此方が立たず。

101年前の苦労を考えると「お米が無ければパンを食べれば・・・」と軽々しく言えないなあ、なんて思ってしまいます。

海の日でしたね♪

昨日は海の日でしたね。6月は祝日が無かったので、“祝日”でいうと5月5日以来です。2カ月前、ゴールデンウィークのころか・・・。最近のような遠い昔のような。

「海の日」とは名ばかりに、海とは相性の悪い天気が続いていますね。さすがに身の回りで「海に行ってきたよ!」なんていう人は見かけません。今のところ涼しい気候が続いていますし、夏本番もこの調子だとすると、今年は海水浴に行こうなんていう人も少ないかもしれませんね。

そんな海といえば、私は一昨日(海の日の前日)の夕方、用事があって横浜の海辺、山下公園のあたりを歩いていたのですが、夜には曇天の中で花火大会が行われていたようですね。快晴の夜空×海×花火で海の日を迎えられるとさぞ最高だったのだろうと思いますが、今回は残念ながら果たせず、といった感じでしょうか。ちなみに私は花火の時間帯に近くにいたので、音だけは少し聞こえていたのですが、肝心の花火は見ることができませんでした。

今年は微妙(!?)だった「海の日」ですが、来年は海を楽しめる祝日になるでしょうか。来年の海の日は珍しく木曜日、7月23日です。この日は東京オリンピック開会式の前日なんだそうです。「海だ~~~!!」という感じよりも、ちょっと浮足立ったお祭り前夜になりそうですね。ちょうど梅雨も明けて快晴で迎えられると最高ですね!

暑かったり寒かったり

なかなか青空を見かけない今日この頃ですね。身の回りではちらほら体調を崩している人もいますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今朝はかなり涼しかったですね。思わず長袖の上着を用意してしまいました。7月ということもあって、晴れた日には夏の暑さ、曇れば春先のような涼しさと、冬以上に三寒四温(というより三寒四暑とでもいうべきでしょうか)の言葉が似合う気がしています。1か月後の猛暑のことを考えると過ごしやすくていい時期なのかもしれませんが、体感温度の差に思わず体調を崩してしまいそうですね。念のため上着を1枚持っておかないと。

そんな気候に合わせてか、メディアやインターネットでアツかったりサムかったりするのは参議院選挙でしょうか。投開票日まで2週間を切りましたね。熟考して、すでに期日前投票を済ませた方も多いのではないでしょうか。一方で全く興味関心がない方もいらっしゃるでしょうね。今回の選挙の投票率はどうなるでしょうか。あんまり低いのも物悲しい気がします。

各地・各分野で暑かったり寒かったりする時期ですが、寒暖差にやられないように適度に気を付けていきましょう!

時の流れは早いもので・・・。

早くも2019年の半分が過ぎ去ってしまいましたね。もう7月ですか。早いなあ・・・。

今年は5月に改元があったからか、まだ年が明けて間もない気分を引きずっている感じがしています。この調子だとすぐに次の年を迎えてしまいそうで多少の恐怖感すらありますね(笑)。とは言っても、まだお盆すら過ぎていないので次の年のことを考えるには気が早すぎますね。

さて、みなさん1月に立てた今年の目標は覚えていますか?目標を達成するのに残された日数もあと半年ですよ!私の今年の目標は、「趣味の時間が取れたら全力で楽しむ」です。6月末までの半年間は忙しいながらも趣味の時間を全力で楽しめているので、上半期はクリアしたということにしましょうか。下半期はどうかなあ・・・忙しくなりそうな気がするなあ・・・。メリハリをつけて、楽しめるときは全力で楽しむ生活を送りたいものです。

そんなこんなでスタートした下半期ですが、私はこの2日間軽めの腰痛に悩まされています。何が原因なのかなあ・・・。軽く休みなさいってことですかね(笑)。

夏至

先週の土曜日、6月22日は夏至でしたね。夏至とは、北半球では1年で最も昼が長い日です。北回帰線上の都市では、正午に太陽が真上(天頂の位置)にきます。

冬至といえば南瓜にゆず湯ですが、そういえば夏至って何をする日でしたっけ・・・。特に思い出せないのでGoogle先生に聞いてみたのですが、全国的な風習は特に無いようです。日本各地、寺社仏閣では特別な行事をするところもあるようですが。

さて、そんな夏至ですが、“地球1周の距離”ととても深い関わりがあります。地球1周の距離を始めて計算したのは古代エジプトの学者、エラトステネス(実はギリシア人)です。彼はエジプトのシエネという町では夏至の日に井戸の底まで日の光が届く(つまり、太陽が正午に真上に来る)ことを知りました。そこで、自身が住むアレクサンドリアで夏至の正午の太陽の高度を調べ、アレクサンドリアとシエネの距離、太陽高度の差から1周の距離を求めたのです。求めた答えは(諸説ありますが)およそ45,000キロ!地球1周の距離はおよそ4万キロなので、かなりの精度といえるのではないでしょうか。

夏至は3日前に終わってしまいましたが、なかなか沈まない夕陽を見ながら、古代の学者たちの奮闘に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

たまには銭湯にでも

あ、別に銭湯に行ってきたわけではないです(笑)。今日仕事終わったら銭湯でも行こうかな、なんて思ってみたり。

地方から上京してきて一人暮らし中の私ですが、バストイレ一体型(俗にユニットバスとかシステムバスといわれるタイプ)のお部屋に住んでいます。バス・トイレ別のお部屋よりも家賃がちょっと安い点が魅力ではありますが、たまには広いお風呂でゆっくりしたいなあ・・・と思うこともあります。まさに今日がそういう日です(笑)。

そんな銭湯ですが、都内には意外にも昔ながらの(昭和スタイル!?)銭湯が結構残っていますよね。上京して初めて近所の銭湯に行ってみたときに、壁に富士山の絵が描いてあって「ドラマとかアニメで見たことある世界だ!」と思ってしまいました。地方のほうがそういう銭湯が残っていそうな気がするのですが、地方に行くと銭湯自体が経営難でほとんど残っていないという・・・。全国の銭湯ファンにはちょっとつらい時代になってきましたねぇ。

今夜は番頭さんに460円払って大きなお風呂を楽しむことにしますか。家からタオルを持っていくのを忘れないようにしないと。

  • 物件カタログ
  • お客様の声
  • スタッフブログ

Facebook

Company

有限会社ドラゴン・ヒル

有限会社ドラゴン・ヒル

〒152-0004
東京都目黒区鷹番3丁目1-8
原・中山ビル3F
tel : 03-6715-6262
fax : 03-3716-6265
東京都知事 (3) 第85520号

学芸大学・目黒・世田谷でのマンション・デザイナーズマンションなどの賃貸物件探しといえばプレッサントホームへ!

プレッサントホームは学芸大学にある不動産屋さんです。目黒区を中心とする賃貸物件、デザイナーズマンションだけでなく、世田谷区の賃貸物件や二人入居可の賃貸も多数扱っております。熟練の不動産経験を持つスタッフが、お客様の理想のお部屋を探してくれます。東横線の学芸大学大学や目黒・ 世田谷での賃貸物件探しは、安心のプレッサントホームへ!

Fudousan Plugin Ver.1.5.3